2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

インド映画音楽最高!!

またもや、ブログのカテゴリーを増やしてしまいました。
「インド関係」、、インド自体はまだ行ったことないのですが、顔も
インド人顔だし、地理学を勉強するきっかけも、インドだったし、
今後インド関係の事を書きそうな感じなので、カテゴリーを作りました。 
またブログが迷走し始めます。

私にとってインドとは、インド映画音楽です。

-出会いはここから-
07012001

大分前のことですが、妹がマレーシアに行った際、カセットテープを
3本ほど買ってきてくれたのですが、それがインド映画のカセットでした。

聞いてビックリ、何だこの音楽は!!高音の女性歌手と低音の男性歌手が
交互に語り掛けるように歌う歌。
一気にハマりました。

特に、「Love Birds」という映画の「Mil gaye」という曲、カセットが擦り切れるほど聞きました。

そして、ネット上で、インド映画音楽のMP3をかき集め、映画名も
分からないまま、、お気に入りの楽曲を自分でCDに焼いて車で聞いていました。

-インド映画にも興味が-
07012002

当然、映画音楽が凄くいいので、映画自体も観たくなりました。
インド映画は日本ではあまり公開されないようなので、レンタルもなく、
テレビで放映されるのを少しですが見ることが出来ました。

ボンベイ
ラジュー出世する
ムトゥー
ミモラ 心のままに
モンスーン・ウェディングetcetc

最初に見た「ボンベイ」は最高でした。
音楽もいいし、ストーリーもいいし、映像も綺麗だし、感激しました。
「ミモラ 心のままに」は初めて映画館でインド映画観たのですが、
これまた素晴らしかったです。

-A.R.Rahman-
07012003

インド映画音楽が好きになったきっかけは「Love Birds」、インド映画
が好きになったきっかけは「ボンベイ」ですが、この2つの作品には
共通点があります。
それは音楽監督が「A.R.Rahman」という人だったのです。

そして、日本のインド映画DVD通販のサイトより、このDVDを買った
のですが、このDVDは映画の音楽シーンだけを集めたもので、映画音楽
好きにはたまりません。
予想通り、素晴らしい楽曲ばかりで、私の宝物です。

-タイでインド探し-
07012004

昨年、タイに行った際、インド映画のVCDやDVDを買ったのですが、
もちろん日本語の字幕はついていないので、映画の内容は分からないし、
VCDはタイ語の吹きかえられているし(ヒンディー語よりは理解出来ますが)
音楽の部分はタイ語訳ではなく、カラオケが表示されるという、ちょっと
って感じのものでした。 まあ、値段が値段ですので、音楽VCD・DVDと
思えばお得なんですが、、

-レンタルしてみました-
07012005

結構、インド映画観たい症候群になる時期があります。
今回、私がバイブルのように参考にしているHP「エスニック大好き!」で
シンガポール旅行記がアップされたのですが、それを読んで、
無性にインド映画が見たくなりました。

値段が高いが日本の通販サイトで買う、リスクがあるが海外の通販サイトで
買う、シンガポールへ行って買う、、、というような選択肢があるのですが、
以前DVDを買ったサイトで、レンタルをやっているのを見つけ、
早速3枚ほど借りてみました。
まあ、コレクターなので、オリジナルは欲しいのですが、この禁断症状を
抑えるため、借りてみました。

-Kuch Kuch Hota Hai-
07012006

07012007

日本語字幕がついているこの作品を見てみました。字幕は機械的に
ついているようで、「死亡記念日」みたいな変な日本語が出てきます。
「命日」のことですね。 ただ、ないよりも断然楽しく映画が見れます。

この映画の音楽ですが、どれも聴いたことがありました。 NETで集めた
MP3の中のお気に入りの楽曲でした。
ですので、映画音楽的には非常によかったです。
ストーリーも前半はちょっとって感じですが、後半は素晴らしく、
徹夜で2回続けて見てしまいました。 写真の女優さんも綺麗で綺麗で、
うっとりです。

インド映画最高です。

インド映画見たい症候群が治るどころか、悪化してしまったような

シンガポールに行きたい。
スポンサーサイト
2007..20 インド関係 comment2 trackback4

comment

ふろぽん
ワールドカップ予選でインドの弾丸ツアーに1泊3日で行った時、同じツアーになぜかサッカーに全然興味がない人が約1名。
その人はインド大好きv-238な人でしょっちゅうインドに行ってるらしいのですが、1泊3日でインドに行けるなんて二度とないという理由で弾丸に参加していたのでしたv-8
たしかに、インドについた瞬間から映画館に行ってましたわv-218
2007.01.20 22:43
holstein
インドネタで、ふろぽんさんからコメントを頂いたので、まさかまた趣味が一緒かなと思いました。

インド弾丸ツアーのネタでしたね。
格安航空券の場合、現地滞在日数が最低3日ぐらいな場合が多いので、マイル修行には向かないことがあるそうです。
まあ、その人はマイルではなく、ただ短い期間でインドに行きたかったんでしょうね。

どの分野にも、マニアはいますよね。 どうも私の場合、広く浅くって感じなので、感性でいいと思ったものはすぐに飛びついてしまいます。

今も、PCはインド音楽が流れています。 最高!v-346
2007.01.20 23:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://holsteinholstein.blog46.fc2.com/tb.php/166-0c7ecd4e
インド映画インドは映画製作本数も観客数も世界一多い超映画大国である。質が高く絶世の美女も多いため海外でも非常に高い人気があり、特に東南アジア、南アジア、西アジア、アフリカ諸国では、なくてはならない物となっている。北インドの映画制作の中心地ボンベイは、アメ
2007.02.07 09:24 映画の缶詰
ボンベイ (映画)ボンベイはインドの町ボンベイを舞台に、イスラーム教徒の女性とヒンドゥー教徒の男性が恋に落ち親の反対を押し切って結婚する過程と、彼等とその子供たちが宗教対立による暴動に巻き込まれる様を描いた作品。インドのイスラーム教徒とヒンドゥー教徒の錯綜
2007.02.08 15:00 インドの心
インド映画インドは映画製作本数も観客数も世界一多い超映画大国である。質が高く絶世の美女も多いため海外でも非常に高い人気があり、特に東南アジア、南アジア、西アジア、アフリカ諸国では、なくてはならない物となっている。北インドの映画制作の中心地ボンベイは、アメ
2007.02.10 06:31 映画の缶詰
インド映画インドは世界で最も多くの映画が製作されている国である。このため、インドの映画制作の中心地ボンベイは、アメリカ合衆国|アメリカのハリウッドをもじって、「ボリウッド」と呼ばれている。様ざまなタイプの映画があるが、多くはミュージカル要素を含んだ映画で
2007.08.09 14:10 インドの心

プロフィール

holstein

Author:holstein
holstein
生まれた牧場-東京
今の牧場-埼玉
生まれた年-昭和の丑年
好きな事-のんびりする事

よろしく哀愁デート。

リンクして頂ける方はコメントください。
07021701

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。